FC2ブログ

国宝犬山城

国宝犬山城、通称白帝城
室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式です。
木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守最上階からの眺めはまさに絶景。
周辺には犬山城下町の古い町並みや、多くの観光施設があります。
信長・秀吉・家康が奪い合い、歴史の荒波を生き残った、国宝犬山城

12月10日になりますが、午前中に少し時間が出来ましたので行ってきました。

実に城内に入るのは多分中学生以来だと思います。

自宅からは車で15分ほど

この日午前中は快晴、

201712100b1.jpg

201712100b2.jpg

201712100b8.jpg

201712100b9.jpg
紅葉は落ち葉となり終わっていましたが、その代りに四季桜が咲いていました。
201712100b4.jpg
天守閣すぐ下にしか四季桜はありませんのでほぼ見上げ撮影となります。

201712100b5.jpg
天守に上がったのも30数年ぶり(笑)
手摺が低く回廊は水勾配が外に向かって付いてますので高所恐怖症の方にはかなり怖いかも
しかし眺めは絶景です。

201712100b6a.jpg
成田山です。
城からは1キロくらい離れているでしょうか

201712100b7.jpg

残っていた紅葉、城下神社も撮って来てますので2に続きます。



にほんブログ村




スポンサーサイト



[ 2017/12/20 21:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する