FC2ブログ

岐阜大垣まつり2

大垣まつりの軕の起源は、
慶安元年(1648)に大垣城下町の総氏神であった八幡神社が、
大垣藩主戸田氏鉄公により再建整備されたおり、城下18郷が喜びを御輿3社の寄付で表し、
大垣10か町が10両の軕(出しもの)を造って曳回したのが始まりといわれています

日中は仕事をしてましたので主としては夜宮を観に17時少し前に訪れました。

大垣まつり自体来たのは初めてです。

何処に軕(やま)があるのかも知りません^^;

案内所で詳しく教えてもらい八幡神社へ向かいましたが

それにしても凄すぎる人混みと屋台の数、

次の日の新聞で知りましたが12日は16万人ほど来ていたそうですね。

八幡神社前に到着するとかろうじて1両巡行していました。

20180512005.jpg
他の軕(やま)は夜宮に備えて提灯の取り付け中です。

ちなみに軕(やま)の数は全部で13両です。

20180512006.jpg
背景の電線、建物が騒々しいですが待機している場所ですので仕方がないですね^^;
20180512007.jpg
20180512008.jpg
20180512009.jpg
20180512010.jpg
20180512011.jpg



八幡神社内に入ると・・・・
20180512012.jpg
なんとレトロな出店でしょう、
昭和の匂いがプンプンな・・・ですが料金はリーズナブルではありません^^;
子供400円、大人600円だったかな?高い気がします。

午後7時まで時間を潰しながら夜宮が始まるまで待ちます。

続きます。


にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/05/15 06:22 ] 祭り | TB(-) | CM(2)

おはようございます。いつも訪問ありがとうございます。
お祭りの様子賑やかですねー。
山車の数も多いですね。
夜宮の準備も忙しそうで、お祭り気分が嫌でも盛り上がりますね。
[ 2018/05/16 05:06 ] [ 編集 ]

さゆうさん

コメント有難うございます。
屋台が並んでいる通りは人混みが凄く
流れに身を任すかのようにしか前に進む事しかでくないくらいです。
ちょっと驚きました^^;
軕も複数ありますので見どころ満載です^^

[ 2018/05/16 07:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する