FC2ブログ

炎の祭典

9月15日

飛騨高山の手筒花火を観てから虜となり
次の手筒花火を探して愛知豊橋市 炎の祭典に行って来ました。
こちらはカメラ三脚使用可の席チケットを事前購入しなくてはなりません。
また手前に桟敷席がある為三脚は大型三脚以上を使用しないと厳しいです。
事前準備をしておきましたので何とか撮影出来ました。


AF2A2001.jpg
ISO 640 1/15秒 0 EV f/8 焦点距離:560 mm

AF2A2116.jpg
ISO1250 1/100 秒 0 EV f/8 焦点距離:560 mm
手筒花火の底が抜ける事をハネと言います。

AF2A2049.jpg
ISO800 1/10)秒 0 EV f/8 焦点距離:560 mm
その衝撃で手筒を振り回す

AF2A2083.jpg

AF2A2124.jpg
ISO1250 1/50 秒 0 EV f/8 焦点距離:560 mm

AF2A2185.jpg
台物練り込み大筒花火打ち上げ

AF2A2209.jpg


IMG_7309.jpg

手筒花火には打ち上げ花火とは違った魅力があります。


にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/09/26 06:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

こんばんは
x2倍のエクステンダーを付けて撮影てでしたかそれで凄く納得しました
返信が無ければ非常にずーと悩んでいたと思います ありがとうさん

最近長時間露光にはまってまして この様なシーンで長時間露光の画像を見ました
1/10の画像焦点距離:560 mmは驚きです  ラスト2枚が好きです
[ 2019/10/07 00:45 ] [ 編集 ]

sanbarikiさん
コメントいただき有難うございます。
レンズは100-400mmが最長の望遠ですのでエクステンダーで対応してます
が・・・x2倍はAFが非常に遅いので動き物には不向きです^^;

手筒花火は席から花火師(打ち上げ位置)までチケット販売HPで見ると30m~40mありました。
こちらはエクステンダーx1.4倍を使用で撮影しています^^
この祭典の手筒花火打ち上げ数(1回で10人~18人一斉打ち上げ)は
7回しかチャンスがなくて調整するタイミングが少なく色々と試せませんでした^^;
[ 2019/10/08 10:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する